トップ > 見る/知る >  駅北 >  大手門

大手門

掛川城の表玄関にふさわしい楼門造りの本格的な櫓門は、木造日本瓦葺き入母屋づくりになっています。白壁で板ひさしが配され、棟の上にはシャチ瓦が飾られた勇壮な構えです。
間口は7間(約12.7メートル)、奥行は3間(約5.4メートル)あります。

平成5年に行われた発掘調査で門の礎石が12か所確認されましたが、新しい道路を避けるため、平成7年に当時の位置から50mほど北に復元されました。

大きくて重量のある門を支えるため、直径2m深さ1m50cmくらいの大きな穴に、40cm前後の河原石を円形に4~5段積み重ねて根固め石とし、その上に門柱の礎石が置かれていました。
この「礎石根固め石」をそのままの状態で取り上げたものが、大手門内に展示されています。
掛川城の威厳を示す二層式楼門(平成7年復元)
[料金目安]
見学随時無料
住所
掛川市城下6-33

アクセス
掛川駅北口 徒歩10分

駐車場
大手門駐車場(有料)目の前です


アクセスマップ



掛川の 見る/知る