二の丸美術館「春の工芸品セレクション」および王将戦記念タイアップ企画のお知らせ

掛川市二の丸美術館にて「春の工芸品コレクション-近世から近代まで-」がはじまります。 収蔵品「木下コレクション」より、四季をテーマにあらゆる工芸品に表現された多彩な“自然のカタチ”を紹介します。 花鳥文様を中心に四季折々の風景や人々の暮らしが映し出された作品には、美しい日本の手仕事が見事に生かされています。 金彩鮮やかな蒔絵の手箱から煙草道具の小さな金具まで、同館ならではの工芸作品を展示します。 …


🎄Xmasはロマンティックな掛川城下へ🌟iluminar castle🌟🎄

掛川の冬の風物詩、掛川城プロジェクションマッピングが今年も開催されます✨ 掛川西高校と掛川工業高校の学生さんたちが企画、制作、運営を行う手作りのプロジェクションマッピングですが、今回は、山内一豊つながりで、高知県の土佐塾中学校と高知商業高校とオンラインワークショップを行い、掛川、高知、山内一豊など、それぞれ関連した映像を作成した「掛川城と高知城を中高生が繋いだイベント」とのことです。…


資生堂企業資料館 年末年始休のお知らせ

資生堂企業資料館は、2021年12月18日(土)~2022年1月20日(木)は、年末年始のため休館となります。毎週金曜日のみの開館(土~木曜日は休館)ですので、次回開館日は1月21日(金)となります。開館時間は10:00~16:30です。 なお、資生堂アートハウスは、展示替えのため現在休館中です。 再開予定は2022年1月25日(火)で、火曜日から金曜日までの開館(土・日・月休館)、開館時間は10…


MOA美術館コレクション『歌川広重【保永堂版】東海道五十三次展』

明日(10/16)より、MOA美術館コレクション『歌川広重【保永堂版】東海道五十三次展』が、掛川市二の丸美術館で開催されます。 天保4(1833)年、浮世絵師 歌川広重(1797-1858)により刊行された「東海道五十三次」は、江戸から京を結ぶ東海道の宿場と起点の日本橋、終点の京師を加えた全55枚で構成されます。宿場ごとにその土地の景観や風俗を描いた浮世絵版画は当時大変な人気を博し、その後も東海道…


市民文化・芸術発信の拠点『まちかどLABORATORY』がオープンしました

コロナ禍においても、市民のみなさんの文化・芸術活動が継続できるよう、活動の拠点として、『まちかどLABORATORY(通称:かどラボ)』が、こだわりっぱ西側の店舗にて、期間限定でオープンしています。 文化・芸術活動をもっと行いたい!広く活動を知ってもらいたい!等、みなさんの文化・芸術活動を応援します。 また、ふらっと立ち寄り、休憩したり、観光情報をゲットすることもできますよ。 多くのみなさんのご利…


2021年度版『掛川🉐まる得パスポート』販売中🏯

毎年好評の「掛川まる得パスポート」2021年度版の販売が始まっています♪ 掛川城周辺の文化施設(5か所)と掛川花鳥園あわせて6つの施設と、市街地循環バス(1回利用分)を合わせて通常3,120円のところを、なんと1,900円(税込)で周遊できる、とってもお得なパスポートです。 掛川まる得パスポートの有効期限は2022年3月31日まで。 各施設を1回ずつご利用いただけますので、1日でぐるっとまわっても…


木下コレクション「職人がこだわり抜いた細密工芸の世界」in二の丸美術館

4月6日(火)より、掛川市二の丸美術館で、木下コレクション「職人がこだわり抜いた細密工芸の世界」が開催されます。 工芸品とは、“日本の伝統的な素材を用いて、それを高度な熟練技術により仕立てた美術的にも美しく価値ある品”と定義付けられます。ただしそれは、どんな著名な作家が作ろうとも“美しき飾り物”というだけでは工芸品とは呼べません。そこに実用性があるかという要素が加味されるからです。つまり、工芸品は…