資生堂企業資料館『資生堂のデザイン』展示開催中‼

資生堂企業資料館にて、7月3日(火)より 『資生堂のデザイン-商品をして、すべてを語らしめよ-』が、開催中です! 資生堂企業資料館の2018年後期企画展は、前期「資生堂のデザイン-新しい価値づくりへの挑戦-」を受け、「資生堂のデザイン-商品をして、すべてを語らしめよ-」というタイトルの下、前期展示ポスター・宣伝物に加え、新たに1950年代以降に作られた商品の中から24品を選び展示いたします。 時代…


資生堂アートハウスにて「ヴィンテージ香水瓶と現代タピスリー~さまざまなデザイン~」が開催されます♪

7月3日(火)より、資生堂アートハウスにて「ヴィンテージ香水瓶と現代タピスリー~さまざまなデザイン~」が開催されます♪ 好評を博した前展示「ヴィンテージ香水瓶と現代タピスリー~ラリックとバカラを中心に~」に引き続き、19世紀末以降、次々に発表された多様な香水のために創作された、ユニークでデザイン性に富んだ香水瓶を採り上げて開催いたします。前展示とは趣の異なる、遊び心に富んだ香水瓶の数々を楽しんでい…


「写真」×「詩」×「本」の素敵なコラボレーションのご紹介(^^♪

掛川市立中央図書館にて掛川観光協会大須賀支部会員の「つちやゆみこ」さんの写真展「日々のたより~言の葉をのせて~」が開催されております。 主催の「ほんわかブッククラブ」の一員である「つちやゆみこ」さんのお写真に合わせて会員の方が詠まれた詩や俳句を楽しめる展示会となっております。 「ほんわかブッククラブ」さんの主な活動である一つの本についてみんなで考えや感想を楽しく語り合うという趣旨も盛り込まれており…


男も女も装身具-煙草入れと櫛かんざしの美-

掛川市二の丸美術館は、平成10年(1998年)4月に開館し、今春20周年をむかえます。 今回は記念すべき特別展として、収蔵品「木下コレクション」に「澤乃井櫛かんざし美術館」所蔵の櫛かんざしを添えて、粋に華麗に展覧いたします。 「木下コレクション」の煙草道具を‘男の装身具‘とするのに対し、「澤乃井櫛かんざし美術館コレクション」を‘女の装身具‘とし、双方合わせて約400点、技と美が織りなす装身具の世界…


櫛かんざしと新茶のおもてなし

4月21日(土)から開催される展覧会「男も女も装身具」にあわせ、二の丸美術館と竹の丸を会場に、「櫛かんざしと新茶のおもてなし」が開催されます。 二の丸美術館鑑賞後、新茶を頂きながら、櫛かんざしにまつわるお話をお楽しみいただけます。 予約制(先着順)となっていますので、お早めにお申し込みください。   ■櫛かんざしと新茶のおもてなし 日時:4月29日(日・祝) 会場:二の丸美術館・竹の丸お…


資生堂アートハウスにて「ヴィンテージ香水瓶と現代タピスリー」が開催されています♪

4月10日より、資生堂アートハウスにて「ヴィンテージ香水瓶と現代タピスリー~ラリックとバカラを中心に~」が開催されています♪ 19世紀末から第二次世界大戦前を中心にフランスで制作された香水瓶と、1960年代から70年代にかけて国内で制作されたタピスリーの展覧会を開催します。 タピスリーとは、織物用語では綴織の技法をさし、一般的には、この技法で織られた室内装飾用の壁掛けを意味します。今回出品するタピ…


二の丸美術館「工芸品をたのしむ−小さきものみな美し−」はじまりました♪

古来より私たち日本人は、小さくて可愛らしいものに美を見出し、愛でる心を育み大切にしてきました。 それは日常の道具に限らず、自然や小さな生物まで尊ぶ日本人の美意識の表れでもあります。 本展はまさにその美意識の凝縮とも言うべき、さまざまな“小さくて美しい小物たち”をご紹介いたします。 名前の通り“小物は小物”なのですが、江戸時代の「小物」は、何といっても美しい!そしてその造りはまさに超絶! 日常の小道…