トップ > 歩く/走る > 大須賀 > 太平洋岸自転車道

太平洋岸自転車道

太平洋岸自転車道(たいへいようがんじてんしゃどう)は、他県に渡り太平洋沿岸に整備されている自転車道群です。静岡県内では、浜松から御前崎を通り静岡まで続く自転車道です。自動車の心配をせずに走れる素晴らしいコースとなっています。
太平洋岸自転車道の菊川河口に架かるのが「潮騒橋(しおさいばし)」。日本最大の吊床版橋(橋長232m)で、世界初の多経間連続上路式吊床版橋となっています。高い橋から眺める雄大な大海原の景色は本当に素晴らしいの一言に尽きます。
自転車で走る際は、この地域独特の強風、「遠州の空っ風」に注意してください。
よく整備された道をゆく安心感



掛川の歩く/走る