トップ > 見る/知る > 北部 > 吉行淳之介文学館

吉行淳之介文学館

1999年(平成11)5月15日開館。
芥川賞作家吉行淳之介の文学館です。設計は京都伝統建築技術協会理事長の中村昌生氏。文学館のまわりには、桜や梅とけやきに囲まれています。館内には全著作約400冊のほか、芥川賞受賞作「驟雨」の手書き原稿、愛用の品や写真などが展示されています。そして吉行淳之介文学館はお茶室【和心庵】のある文学館なのです。裏千家15代家元千宗室命名の開かれた茶室「和心庵」が併設され、うす茶とお菓子をいただくことができます。曜日と時間がきまっているので、お問合せの上お出かけ下さい。また近くには、森の喫茶室「MARIKO」が桜木池のほとりにあり、カレーセットやソフトソフトドリンクをいただきながら、のんびりとした時間がすごせます。
館内には、全著作(約400冊)をはじめ、手書き原稿、記念品、愛用の品々、写真などが展示されています。
[料金目安]
一般・大学生:600円(20名以上の団体の場合500円)
小・中・高生:250円(20名以上の団体の場合200円)
住所
〒436-0221 掛川市上垂木あかしや通り1丁目1番地 (掛川市上垂木3190-2)

アクセス
掛川駅北口(在来線側)からバスで22~23分。
北口改札を出ますと、ロータリーが広場の向こう前方に見えます。桜木線⑥の「ねむの木美術館前行」にご乗車ください。
2013年4月1日以降、終点が「ねむの木学園」から「ねむの木美術館前」行になりました。また「吉行淳之介文学館前」にもバス停が新設されましたので、大変便利になりました。今までの「アカシア通り1丁目」は「ねむの木学園前」になりました。

駐車場
無料。敷地内にあります。大型車可

TEL
0537-26-3923

営業時間
10:00~17:00【ご入館は16:30まで】

定休日
年末はお休み。元日の午後のみ開館の場合あります。年末にホームページでお知らせします。

http://www.nemunoki.or.jp/yoshiyuki/index.html

アクセスマップ

 
 

掛川の見る/知る