トップ > 見る/知る > 日坂・東山 > 夜泣石

夜泣石

その昔、妊婦が中山峠を越える途中、山賊に襲われて殺されてしまいました。亡き母のかたわらで泣いていた生まれたばかりの赤ん坊は、村人に拾われましたが、母の霊はかたわらの石にのり移り、夜になると泣き出すようになったそうです。そして、その赤ん坊は立派に成長し、母の仇を討ったといわれています。
現在夜泣石は、中山トンネルの脇に据えられており、伝説ゆかりの久延寺にも似た形の石が、小石姫供養塔としてまつられています。

また、母を失った赤ん坊はお乳の代わりに水あめで育てられたといわれ、麦芽糖の優しい甘みの広がる「子育て飴」は、小夜の中山名物として、ドライブイン「小泉屋」と久延寺近くの「扇屋」で、現在も昔ながらの製法でつくられています。
遠州七不思議「夜泣き石」
住所
〒436-0062 静岡県掛川市佐夜鹿57-8 小泉屋の裏

アクセス
旧国道1号線「小夜の中山トンネル」東側。ドライブイン小泉屋の裏手の高台にあります。
掛川駅より車で20分。金谷駅より車で10分。

駐車場




掛川の見る/知る